1日3食は体に良くない!?

本日もご覧いただきありがとうございます♪ルミエールでは今年の春から

ファスティング(断食)メニューを取り入れていますが
まだまだ食べないということ自体が体によくないというイメージが
世間のあいだでは強くあるようです。


しかし実は皆さんも"断食"は必ず経験しています!

朝食を英語でいうとBreakFast
Breakはやめるや中断する
Fastは断食という意味なので
朝食には"前日からの断食を食べることにより終了する"と
いう意味があります。

人間は食べることにより内臓が"消化、吸収"という働きをします。
そして食べないことで"排出"という働きをします。

"消化吸収"と"排出"は同時には出来ないんです。

なので断食後の朝には"出す"という体の機能が活発になります。

現代ではいつでもいろんな食べ物がお金を払えば手に入るようになり
1日3食以上が当たり前になりました。
それと同時に食べ過ぎによる肥満や病気なども増えてきています!

横綱白鵬関をはじめ、ダルビッシュ選手、タモリさん、Gacktさん、ビートたけしさんなどの有名人の間でも1日1食の食事法を取り入れている方が
増えてきているようですが
食べるという事よりも、食べない事も最近注目されてきているのも
ただのブームだけではないという事は
ちょっとわかるような気がしますね(*^^)v