ドロドロの血液と美容との関係その1

旭川市のしあわせ広げるエステサロンルミエール佐々木です。

今日は美容に関するちょっと怖いお話です!

厚生労働省が発表した生活習慣病の発病データでは、生活習慣病にならない人は何と10人中2人!

ガン、脳こうそく、心筋梗塞になる人は10人中8人!正常な血液の人は10人中2人しかいないという事です!

でも、実は血液の異常は、病気になるという事だけではないんです!

『肌は内臓のかがみ』や『肌は第3のろ過機能』などといわれますが、身体は毒素が全身に回るのを防ごうと肌に毒素を出します。

その現象が肌荒れです!!

肌に症状が出るのは内臓が弱っているサイン( ;∀;)つまり良くない生活習慣が原因で血液が汚れ、免疫機能が低下して病気になってしまうんです!

また活性酸素が増えるとメラニン色素が過剰に発生してシミになったり、コラーゲンやエラスチンが酸化して、シワ、ハリ不足などのお肌の老化にもなるといわれています!

お肌の異常は実は生活習慣病の始まりかもしれませんね。

次回は、血液の汚れはお肌以外にも悪影響を及ぼすというお話です。