天然鉱石サウナ

ルミエールの天然鉱石サウナとは

天然鉱石とは天然の岩石のなかでも人間にとって有用な資源となる鉱物やミネラルを含有する岩石のことです。有名なものでは金、銀、銅や岩盤浴などに使われているラジウム、ゲルマニウム、トルマリン、ブラックシリカなどがあります。岩盤浴はこれらの鉱石を板状に加工し暖めた熱で温熱効果を得るものですが、ルミエールではあえて加工していない3種類の天然の鉱石をそのままベッドに敷き詰めて、ドーム型サウナで温めるという方法で天然鉱石サウナをつくりました。

トルマリン

トルマリンは、結晶を熱すると電気を帯びるため日本名電気石と呼ばれています。10月の誕生石でもあり、近年トルマリンがマイナスイオンを発生し精神的、肉体的にリラックス・リフレッシュさせる効果があると話題になりました。
さらにこの鉱石は、電気の導体である皮膚表面のツボに生体電流と同じレベルの電流を流します。この微弱電流の働きにより、新陳代謝や血液の循環を良くする働きがあると言われています。

主な効能は、鎮痛、快眠、制汗、血圧降下、血液浄化、疲労防止、細胞活性、抵抗力強化など

ゲルマニウム

ゲルマニウムは32個の電子を持つ金属の半導体で、人間の細胞や血液も同じ半導体です。
人間の身体は電気信号で動いていて、電子バランスが崩れると肩こりや冷え性などの症状を引き起こします。この崩れた電子バランスを元通りにしてくれるのがゲルマニウムです。
ゲルマニウムは、特殊な金属でプラスの磁気に近づくとマイナスの電子を帯びマイナスの磁気に近づくとプラスの電子を帯びます。人間の電子バランスが悪い時にプラスとマイナスどちらにでも対応し、これにより血液の循環が良くなり肩こりなどを改善してくれます。しかし、半導体同士は共存できないという性質があるために、ゲルマニウムは体内に残留できず24時間後には体外に排出されてしまいます。このときに体内で発生する毒素や老廃物、異物も一緒に体外へ排出されます。
主な効能は、肩こり、腰痛、神経痛、リュウマチストレス性疾患、冷え性など

天照石

天照石は、九州大分県と宮崎県の県境付近からのみ採掘される不思議なパワーを持つ岩石で、科学的に言うと太陽光線の照射や自然の動的な力・エネルギーを吸収して電位を得て、4~14ミクロンの遠赤外線(育成光線)を再放射します。放射する遠赤外線(育成光線)は細胞を活性化し、免疫力を向上させます。さらにマイナスイオン放射による消臭や抗菌などの作用のほか、水中に沈めると不純物を分解しアルカリ度を向上させ脱臭効果も得られます。

この鉱石は、発がんの原因でもある活性酸素などの研究の世界的権威、土佐清水病院院長で丹羽免疫研究所所長の、丹羽耕三先生が実際にたくさんのガン患者や重症疾患の方々に治療で使い成果を挙げています。 また、九州大学医学部皮膚医学科による実験では、天照石の働きにより、体内のダイオキシンが排出されることが判明し、国際医学会でも発表されました。

主な効能は美肌、アトピー、自律神経失調症、肩こり、冷え性、など